愛犬がペットフードを食べてくれないという経験をしたことがある飼い主さんが大半なのではないでしょうか。犬がペットフードを食べないときは、体調が悪いときや病気になっているときなどがあります。食事以外にも普段と違う様子が見られる場合は、動物病院を受診することをおすすめします。

犬がペットフードを食べない原因は、体調や病気だけではありません。単純に食べ飽きて食が進まないというケースも考えられます。そういった場合、飼い主さんはどのような工夫をすれば良いのでしょうか。

ペットフードにトッピングを加える場合は、犬が食べても良い素材かどうかを必ず確認しましょう。おすすめは、茹でたささみを割いたものです。但し、沢山いれると与えすぎになるので、風味づけ程度にとどめましょう。また、人間の味を覚えてしまうとフードを食べなくなることもあるので、味付けは不要という点がポイントです。ささみのゆで汁を少しペットフードにかけてあげても良いでしょう。

普段ドライタイプのペットフードを与えている場合には、ぬるま湯で少しふやかしてあげても良いでしょう。犬は人間ほど色を見分けることができません。人間が感じるような色鮮やかな食事よりも、匂いや温度でおいしそうと感じさせられる工夫をする方法がおすすめです。

Pocket